カスタム投稿タイプの追加から表示まで「functions.php編集編」その1「追加」

カスタム投稿タイプの追加から表示まで「functions.php編集編」その1「追加」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPressにおけるカスタム投稿について、

をそれぞれ記事にしたいと思います。

今回のカスタム投稿タイプの追加についてはfunctions.phpを編集する形を取りますので、「PHPファイルを触るのは苦手」という方にはプラグインによるカスタム投稿タイプの追加をオススメします。

プラグイン「Custom Post Type UI」によるカスタム投稿タイプの追加方法については、こちらの記事をご参考ください。→Custom Post Type UIの記事へリンク

そもそも、「カスタム投稿タイプってなに?」という方は、まずはこちらの記事をご覧ください。→カスタム投稿タイプとはの記事へリンク

カスタム投稿タイプを更にカスタムしたい、という方はこちらの記事をご覧ください。→Advanced Custom Fieldの記事へリンク

カスタム投稿タイプを追加する方法

WordPressのダッシュボード画面に、「投稿」とは別の「カスタム投稿(名称は自由に変更可能/例)ほげほげetc)」となる項目を設置します。

方法は簡単、特定のコードをfunctions.phpに丸々コピペするだけです。

WordPressのダッシュボード画面にカスタム投稿を追加

functions.phpに追記するコード

functions.phpに追記するコードは以下です。

このコードで大切となるのは、

  • 12行目の「example」がカスタム投稿の投稿タイプとなる
  • 14行目の「カスタム投稿」がカスタム投稿の名称となる

の2点です。

特に12行目の「example」については、次の記事で説明する「webページにカスタム投稿を表示させる方法」に関わってきます。

が、今は頭の片隅に留めておく程度で大丈夫なので、続いてコードの応用について説明します。

functions.phpに追記するコードの応用

コードの所々を編集することで、より使い勝手の良いカスタム投稿タイプとすることが可能です。

今回は基本となる

の4点について説明したいと思います。

アイキャッチ画像を削除するには

カスタム投稿タイプの、アイキャッチ画像が不要な場合はコードの1~2行目を削除してください。

カスタム投稿の名称を変更するには

コードの14行目、

‘label’ => カスタム投稿,

の「カスタム投稿」にあたる部分を任意の名称に変更することで、ダッシュボード画面のカスタム投稿の名称を変更することが出来ます。

例えばコードの14行目該当箇所を下記のように「ほげほげ」にしてみましょう。

するとダッシュボード画面での表示も「ほげほげ」となります。

functions.phpの記述をほげほげとした場合、WordPressのダッシュボード画面の表示「ほげほげ」となる

WordPressのダッシュボード画面に表示される「カスタム投稿」の位置を変更したい場合は、コードの17行目、

‘menu_position’ => 5,

の「5」にあたる部分の数値を上下させます。

例えば「’menu_position’ => 5,」を‘menu_position’ => 1,」に変更した場合はこのようになります。

カスタム投稿の位置変更

数値を2にすれば上から2番目に、数値を3にすれば上から3番目に表示されることになります。

このとき、数値は半角で入力しなければいけません。数値を全角で入力するとダッシュボード画面には表示されなくなるのでご注意ください。

カスタム投稿を複数追加するには

カスタム投稿を複数追加したい場合は、コードを以下のように記述します。

通常のコードと違うのは、21行目~29行目を追記しているということです。

と言っても、

  1. 20行目の「);」という記述の後に
  2. 12行目から20行目を丸々コピペして
  3. 「example」「カスタム投稿」「5」にあたるそれぞれの箇所を編集

の、たった3工程で追加できるので簡単です。

上記のコードをfunctions.phpに反映させた場合、WordPressのダッシュボード画面の表示はこのようになります。

WordPressのダッシュボード画面にカスタム投稿が複数追加されている

カスタム投稿を更に追加したい場合は、29行目の「「);」」の後に先ほどと同様にコピペして該当箇所を編集するだけです。

カスタム投稿タイプの追加まとめ

今回の記事では、WordPressのダッシュボード画面にカスタム投稿タイプを追加する方法とその応用を説明させて頂きました。

但しこれだけでは、実際のwebページには表示されません。

そこで次回の記事では、webページへ表示させるための、

  • トップページ(index.php)等の任意のページの任意の箇所にカスタム投稿の記事を表示させる方法
  • カスタム投稿による記事の一覧ページの作成
  • カスタム投稿による記事ページそのものの作成

を説明したいと思います。

ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク