Googleが公式に「モバイル専用のインデックスを公開」することを発表

googleがPCとモバイルのインデックスを完全分離化

スポンサーリンク

スポンサーリンク

本当に今更ですが、Googleが公式に発表した重要なことを記事にしたいと思います。

その発表とは、

「モバイル専用のインデックスを公開予定していて、公開後はモバイル専用のインデックスが主要となる」

というものです。

Googleのゲイリー・イリーズ氏が公式に発表したものを、Search Engine LandというアメリカのSEO関連サイトが2016年10月13日に記事にしたことで、瞬く間に世界中のwebクリエイターたちに知られることとなりました。

モバイル専用のインデックス

Search Engine Landが記事にしたタイトルと見出しが以下の画像です。

Search Engine LandによるGoogleの公式発表「モバイル専用のインデックスを公開予定」の記事

掲載されている内容を、Google翻訳により訳したものが以下となります。

Within months, Google to divide its index, giving mobile users better & fresher content

「数ヶ月以内にGoogleがインデックスを分割し、モバイルユーザーにより充実したコンテンツを提供。」

Currently, Google has a single index of documents for search.

「現在のところ、Googleは検索のための単一の索引を持っています。」

Google’s Gary Illyes announced they plan on releasing a separate mobile search index, which will become the primary one.

「GoogleのGary Illyesは別のモバイル検索インデックスをリリースする予定で、これが主要な検索インデックスになると発表した。」

参考サイト@http://searchengineland.com/google-divide-index-giving-mobile-users-better-fresher-content-261037

モバイルユーザビリティを重視

Googleによる今回の発表から推測できる意図は、webサイトのユーザビリティを今以上に高めたい、というものではないでしょうか。

わかりやすく言うと、モバイルユーザビリティを重視したwebサイトの為のインデックスを、検索エンジンの表示結果として表示させたい、そのためのモバイル専用インデックスの公開と主要化、ということです。

近年、先進国に住まう人々のスマートフォンの所有率とそれによるwebサイトの閲覧が、世界中で爆発的に広まり続けています。

ほんの数年前までは、webサイトの閲覧や検索と言えばパソコンで行うのが普通でしたが、それが今ではスマホで事足りるようになったばかりか、スマホでのwebサイト閲覧数や検索数の方がパソコンのそれよりも多くなっているほどです。

スマートフォンでwebサイトを閲覧する際に、スマートフォン最適化がされていないwebサイトは、ユーザーにとってみればそれはそれは見にくいものなのです。

そしてそんな見にくいwebサイトを、Googleの検索エンジンにて検索した結果、上位に表示させてしまったとあっては、

「見にくいwebサイトしか検索結果に表示されないGoogleは使わない!」

とユーザーに思われてしまうことになるのです。

そうなれば、今は世界的知名度を誇るGoogleとその検索エンジンも、利用価値のないものとして廃れてしまうことになりかねません。

反対に、

「パソコンでもスマホでも、Googleで検索すればいつでも目的に沿った理想的なwebサイトが見れる!」

となれば、Googleを利用するユーザー数は今よりも更に増えることになるでしょう。

スマートフォンが時代の流れに乗り始め、少なくとも今後しばらくの間はそれに代わる存在も現れそうにありません。

そしてもちろん、Googleも時代の流れに乗りスマートフォンに対応しているインデックスを主要とすることで、検索エンジンの質を今以上に高めることを目標・目的としているのではないかと思います。

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を使命とするGoogleですから、常に時代の最先端を目指さなければいけない、という使命感があるのかもしれません。

そんなGoogleにとって、今回のモバイル専用インデックスは、言わば当然と言うべき選択肢だったのではないでしょうか。

Googleの知名度

インターネット上において、世界で最も普及していると言っても過言ではない検索エンジンがGoogleです。

今から17年前の2000年に、Yahoo!(アメリカの)の検索エンジンに採用されるや否や、僅か数年足らずのうちに検索エンジンの名称としての知名度と共にその企業名称を世界中に知らしめることとなりました。

※GoogleとYahoo!の契約は2004年に終了しています。

日本法人のグーグル株式会社が設立されたのは、2001年の8月のことでした。

日本における検索エンジンとしてのGoogleのシェア

それから10年後の2011年に、日本のYahoo!Japanの検索エンジンとしても正式採用されることが決定し、それに伴い日本においてもGoogleの検索エンジンが企業名称共に、一般の方たちにも知られるようになったのです。

日本の検索エンジンのシェア

この画像は、StatCounterというwebサイトにて調査した、日本の検索エンジンのシェアをグラフにしたものです。

StatCounter Global Stats

2015年の12月~2017年の1月間のシェアをグラフにしたもので、赤色の線がGoogle、黄色の線がYahoo!Japanの値ですが、Googleが常に50%以上もの数値であると共に、多いときでは70%近くの数値を誇っていることがわかります。

「オッケー!グーグル」

という掛け声と共に、スマートフォンの検索エンジンを音声システムで立ち上げるCMが、2016年にテレビで流れていたのを覚えている人も多いのではないでしょうか。

そして2017年。

本記事で触れたように、Googleが今まで歩を進めてきた道とは異なる道を歩む選択肢を選んだということは、私も含めwebの世界で生きていこうとしている、この記事を閲覧頂いている皆様の歩みが大なり小なり変更せざるを得ない。

ということになるのではないかと、そう強く感じている今日この頃です。

Googleのモバイル専用インデックスについて、この記事がほんの少しでも皆様の知識の一部として役立ちましたら、各種SNSにてシェアをして頂けると嬉しいです。

ここまでお読み頂きまして、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク