wpXサーバーでサブドメインを作成するには

wpXサーバーでサブドメインを作成するには

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPress専用のレンタルサーバー、wpXサーバーにてサブドメインを設置する方法を説明する記事です。

前置きはいいから早く知りたいという方はコチラをクリック。

この記事を書くに至った経緯

今回この記事を書くに至った理由は、以下のような経緯があったからです。

クライアント様が契約している、wpXサーバーにてサブドメインを設置した後に新たにwebページを制作してほしい、とのご依頼を頂きました。

wpXサーバーのサーバーパネルへのログイン情報を頂戴し、いざサブドメインを作ろうと意気込み管理画面を眺めてみても、それらしい項目が見つかりませんでした

サブドメインの設置なんて、他のレンタルサーバーでは

「サブドメイン?ならここをクリック!」

くらいのわかりやすい説明書きがされているボタンが設置されているので、サーバーパネル画面をほとんど見たことがないという素人でも、簡単にサブドメインを作ることができますよね。

私もそのつもりでwpXサーバーに挑みました。が、サブドメインのサの字も見つからず…。

結局、wpXサーバーの公式サイトにアクセスし、よくある質問といったページを見ることになったのでした。

wpXレンタルサーバー

wpXサーバーでサブドメインを設置する方法

結論から言うと、wpXサーバーにてサブドメインを設置するには、WordPressをインストールする必要があります。

正確に言うと、WordPressをインストールする過程でサブドメインが生成される、ということになるのです。

このことに関するデメリットは後述しますが、まずはサブドメインの設置兼WordPressのインストール方法を説明していきます。

wpXサーバーでサブドメイン設置とWordPressインストールを同時に行う

まずはwpXサーバーのサーバーパネルにログインします。

続いて左メニューのWordPress管理>WordPress設定>新規インストールをクリックします。

新規インストールをクリック

すると以下のように新規インストール画面が表示されるので、赤枠の箇所に任意のサブドメインを入力します。

サブドメインを設置するルートドメインも任意のものを選択し忘れないように注意してください。

後は、WordPressのダッシュボード画面にログインするためのIDとブログタイトル、管理者用のメールアドレスを入力して、次へ進むボタンをクリックしてください。

WordPressインストール画面

次へ進むボタンをクリックすると、以下のような確認画面となります。

確認画面

入力した箇所に間違いがなければ、確定ボタンをクリックして、サブドメインの設置とWordPressのインストールは完了です。

独自SSLを利用したい場合

wpXサーバーにてサブドメインを設置しつつ、WordPressもインストールし、かつ独自SSLも利用したい場合の説明です。

とても簡単で、新規インストール画面にて独自SSLの項目に用意されているチェックボックスにチェックを入れるだけ。

「https://へのリダイレクト設定を有効にする」にも、チェックを入れておくことをオススメします。

独自SSLを利用する場合

後は次へ進むボタンをクリックし、確認画面で確定ボタンをクリックして終了です。

CSR情報を任意のものにしたい場合

CSR情報(SSL証明書申請情報)を任意のものにしたい場合は、CSR情報を入力するというチェックボックスにチェックを入れて、各項目に任意の情報を入力します。

CSR情報を任意のものにしたい場合

デフォルトではwpXサーバーの本社が存在する「JP」や「Osaka」となっているので、これを任意のものに編集するだけです。

CSR( Certificate Signing Request )とは、サーバ証明書発行の際に必ず必要となる、証明書署名要求と呼ばれるものです。 CSRはお客様のサーバ上で生成するもので、生成したCSRを認証機関に提出すると、認証機関がこれに署名をして、サーバ証明書を発行します。

WordPressをインストールしないと設置出来ないサブドメインのデメリット

wpXサーバーにてサブドメインを設置するためには、WordPressのインストールが必須だということを冒頭で説明しましたが、このことについてのデメリットを説明したいと思います。

web関係者の方には説明が不要かとは思いますが、デメリットは

  1. 静的webサイトを構築できない
  2. WordPress以外のCMSを導入できない

の2点となります。

1については、一度サブドメインを設置しつつWordPressもインストールして、その後WordPressのみを削除(アンインストール)してしまえば、静的サイトも構築することが出来るのではないか、と考えてはいるのですが。

今のところチャレンジはしておりません。

2については、そもそもwpXサーバーの名称からもわかる通り、wpXはWordPressの運用に特化したレンタルサーバーサービスなので、当然ながらインストール出来るCMSはWordPressのみ、ということになります。

ですがこの2点のデメリットも、

  1. 静的サイトは構築しない
  2. CMSはWordPress以外導入しない

という予定の元であれば、デメリットでは無くなります。

まとめ

Nginxやリバースプロキシによるキャッシュなどの専用システムによるWordPressの高速表示や、独自SSLが無料で利用可能といったメリットも要しているwpX。

これらのメリットが運用するwebサイトに適しているのあれば、これ以上ないくらいの力を発揮してくれるはずです。

wpXに限らず他のレンタルサーバーにも言えることですが、運用方法に適したレンタルサーバーを選ぶということが大切です。

WordPressは世界で一番利用されているCMSです。オープンソースのため、WordPressそのものの拡張性はもちろん、数々のプラグインも次々と開発されていて、その成長は留まることを知りません。

今後もwebサイト制作現場で第一線を張るであろうWordPressと、その運用に特化したwpXサーバーには、webクリエイターとして常に注目しておきたいところです。

ここまでお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク