WordPressとは

WordPressとは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

WordPressのテーマやプラグイン、その他カスタマイズに関する記事を書く前に、

「そもそもWordPressとは?」

という観点で、自分自身に言い聞かせる意味も込めて、改めてWordPressについて調べたことをまとめてみようかと思います。

WordPressとは

wikipediaによると、

  • オープンソースのブログソフトウェアである

  • PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している

  • 単なるブログではなくCMSとしてもしばしば利用されている。

  • b2/cafelogというソフトウェアのフォーク(後継)として開発、2003年5月27日に初版がリリースされた

  • GNU General Public License (GPL) の下で配布されている

とのことですが、特にエンジニアにとって知っておきたい単語をフォーカスしてみたいと思います。

オープンソースである

簡単に言えば、

  • 誰もが自由にソースコードを入手することができ
  • そのソースコードを自由に改変することができ
  • 更にその改変したソースコードを自由に再頒布出来る

というのがWordPressの特徴であり、今日のように素晴らしい機能性を持ったソフトウェアと成り得たのもまた、オープンソースであったことが理由ではないでしょうか。

有料・無料を問わず素晴らしいテーマ(テンプレートデザイン)をインターネット上で手に入れることが出来るのも、オープンソースであるが故の有志による拡張性やデザイン性の追求と共有の賜物です。

特に見返りを求めず、WordPressを利用する全ての人たちのために自らの技術や時間を提供しているエンジニアの方たちのおかげで、私も今こうしてWordPressによるブログ記事を書くことが出来ているのです。

オープンソースについての詳細は下記をご覧ください。

オープンソース-wikipedia

PHPで開発されている

PHPとはプログラミング言語の1つですが、WordPressのテンプレートは全てがこのPHPで構成されています。

多くのwebエンジニアが、webサイトの構築のためにHTMLとCSSを勉強することだと思います。

HTMLとCSSの知識と、それに加えPHPの知識もある程度持ち合わせていれば、WordPressをカスタマイズして自分だけのオリジナルテンプレート(オリジナルテーマ)を作成することが出来るので、WordPressを愛用しているwebクリエイターの方も多いのではないでしょうか。

PHPについての詳細は下記をご覧ください。

PHP-wikipedia

CMSとして利用されている

CMSとは、

「コンテンツマネージメントシステム(content management system)」

を略したもので、もの凄く簡単に説明すると、

「webに関する知識がない人でも簡単にwebページを生成することが出来るシステム」

のことです。

より深く掘り下げれば、より専門的な単語と共に具体的な説明が必要となりますが、概ね上記のように理解して頂いても間違いではないかと思います。

WordPressがCMSだということを理由に、webに関する知識や技術を所有する所謂web担当者がいない企業においても、自社サイトをWordPressで構築することにより、ある程度は自社内の人員で運営・更新することが可能となるのです。

コンテンツマネージメントシステム(CMS)についての詳細は下記をご覧ください。

コンテンツマネージメントシステム-wikipedia

プラグインが豊富

先に書いてきた内容は、あくまでwebサイトを構築する側の立場である人々(webデザイナーやwebエンジニア)にとっての、知っておいた方がいい情報でした。

ところがこのプラグインは、webサイトを運営する人々(企業のweb担当者やブロガー)にとっても非常に大切なものとなります。

なぜなら、プラグインを組み込むことでWordPressは劇的に使いやすく、運用もよりしやすいものへと変貌するからです。

しかも、プラグインをWordPressに組み込むために必要なのは、なんとクリックのみです。

プラグインの種類

プラグインには数々の種類が存在しています。例えば、

  • お問い合わせフォームを簡単に作ることが出来る(Contact Form 7)
  • 文字を簡単に太字にしたりリンクを設定したりできる(TinyMCE Advanced)
  • FacebookやTwitterといったSNSのシェアボタンを簡単に設置することが出来る(AddToAny Share Buttons)

※カッコ内は各プラグインの名称です。

といったように、通常であればHTMLやPHPといったwebに関する知識が必要となってくるものでも、それらの知識なくwebサイトに実装することが可能となります。

このプラグインの凄いところはこれだけではなく、HTMLやPHPの知識のある者にとっても、自身で構築することが難しい(或いは不可能)ものまで、多種多様に渡って存在しているということです。

私も例外ではなく、このwebサイトはWordPressを活用して私が構築したものですが、実用的な個所は全てプラグインを実装することでwebサイトとして成り立っているようなものです。

プラグインに関する注意

プラグインは先にも書いたようにとても便利なものです。

が、多種多様なものが存在していることもあって、多くのプラグインを実装した時にはプラグイン同士が競合してしまうこともあります。(お互いがお互いの力を発揮しようとして、結果お互いの力のどちらもが発揮されなくなること。)

こうしたとき、大抵の場合はインストールしたプラグインを停止や削除することによって事なきを得ます。

それでもたまにですが、プラグインの力が強すぎて、プラグインを停止したり削除してもWordPressそのものに影響を与えてしまったままどうにもこうにならない、という状態に陥ることもあります。

そうなってしまっては知識のない方にとってはどうすることも出来ないことがほとんどだと思うので、webエンジニアに頼らざるを得なくなります。

ちなみに私もwebエンジニアですが、頼られてもどうにもできないタイプのエンジニアです。(プラグイン名 問題が起きた現象 等のキーワードで検索してくださいと言うしかありません。)

プラグインは便利ですが、時には諸刃の剣となってしまう、ということも頭の片隅にインプットしておく必要があるということですね。

テーマ(テンプレート)

WordPressがwebクリエイターやブロガーにとって素晴らしいツールとなる最大の理由は、このテーマではないでしょうか。

なぜならば、テーマを変えるだけでwebサイトやブログの全体的なデザインがガラっと変わるからです。

これが何を意味するかと言うと、デザイン面を変更するために必要なCSSの知識が無い人でも、自分好みのテーマを探し出すことでwebサイトやブログを自分好みのデザインにすることが出来る、ということになります。

もちろん、CSSの知識がある人であればより自分のデザインセンスを生かしたデザインにすることが出来るので、企業サイトとしてのデザインやブログとしてのデザインといった風に、目的に合わせたデザイン性のあるwebサイトに仕上げることが可能となります。

余談ですが、WordPressのデフォルトとなるテーマ(Twenty Seventeen等)のデザインは一律のため、ただWordPressをインストールしただけではあくまで簡単に更新することが出来るブログが出来ただけ、ということになります。

完全オリジナルのテーマも作成可能

WordPressのテーマの凄いところは、CSSだけではなくHTMLやPHPの知識もある程度あれば、完全にオリジナルなテーマを作成することが出来る、というところです。

言ってみれば、この世に1つだけとなる自分だけのwebサイトやブログであると同時に、簡単に更新できるシステム(CMS)すらも搭載した実用的なサイトを手に入れることが出来る、というわけです。

このLHIもオリジナルテーマですが、HTMLやCSS、それにPHPに触れることのない日々が週に2~3日はあるという私でも、これくらいのテーマなら作成することが出来るのです。

  • デザインセンスがある人
  • PHPの知識と経験に長けている人
  • HTMLとCSSなら任せろという人

であれば、もっと素敵なオリジナルテーマを作成することが出来ます。

WordPressまとめ

WordPressについて知っていたことと、改めて調べたことを簡単に記事にしてみましたが、WordPressって凄いですね。

ちなみにWordPressには日本公式キャラクラーが存在していて、その名をわぷーと言います。

カネウチカズコという方が制作したらしいですが、可愛らしいですね。

今後もWordPressに関する様々なことを記事にしていきたいと思います。

ここまでお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク